新着情報&トピックス詳細

お金を借りる上で知っておきたい、返済に関するリスク

2018年06月27日

 

お金を借りるときには返済に関するリスクも知っておく必要があります。

一般的に生活費などに困ったときに利用されるカードローンやキャッシングは担保も保証人も不要なので手軽であり、法改正によってグレーゾーン金利と呼ばれる法外な金利が適用される心配もなくなっています。

しかし、決して低いものではないため、無計画に利用して支払い能力を超える借り入れをしてしまい、債務整理に陥るケースも多いです。

 

金融機関は利用者の信用に基づいて融資する金額を決めており、状況に応じて収入証明書なども提出させていますが、個人信用情報機関の情報を見ても他社からの借り入れは把握できても、支出までは分かりません。

審査で認められた金額であっても、それを返済できるかどうかは利用者次第であり、安全に利用できるとは言えないので注意しましょう。

 

問題が起きていないときには担保が不要であることは大きなメリットですが、返済が滞ったときにはデメリットになります。

担保を売却して支払うことができず、遅延していると1日ごとに損害金が上乗せされるため、さらに負担が増加していきます。

対処しきれなくなると債務整理で借金の減額を行うことになりますが、個人信用情報機関に記録されてしまうので、今後のクレジットカードやローンの利用が困難になるのがリスクです。

 

返済方式がリボルビングになっていることもリスクになります。

借り入れ残高が減少すると月々の支払いも減るので長期化してしまい、利息の総額が知らない間に膨れ上がってしまう要因です。

 

これらのリスクに対処するため、自分の返済能力を正確に把握しておき、無理な借り入れをせずに必要最小限に留めておくと良いでしょう。

そもそもすぐにお金を借りるのではなく、生活を見直して無駄な支出があれば削減することも重要です。

手軽さから安易に借りてしまうのは良くありません。

借りた後は収入に応じて月々の支払い額を調整し、余力があれば繰り上げして早めに元本を減らします。

 

カードローンやキャッシングと比べると利率では劣りますが、処分しても良い品物がある場合には質屋でお金を借りることも検討できます。

こちらは支払いが難しい状況になったときには預けた品物を手放すことで借り入れをなくすことができるのが大きな違いです。

 

個人信用情報機関にも記録されないため、信用に傷が付く心配もありません。

本当に必要のないものであれば、最初から売却してお金を手に入れることもできます。

必要なものを手放した場合には買い戻しが難しくなってしまうので、何を預けるべきか十分に検討してから利用しましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
http://zeniyahonten.co.jp/
【ぜに屋本店】
住所:長崎県長崎市大黒町3番15号 藤丸ビル
TEL:095-822-1111
【ぜに屋浜町店】
住所:長崎市浜町8-13 仲見世8番街2F
TEL:095-824-7777
【ぜに屋佐世保店】
住所:長崎県佐世保市常盤町8-8 富士ビル1F
TEL:0956-24-3330
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇