新着情報&トピックス詳細

質屋とは?どのような仕組みのものなのかを解説します

2018年07月09日

質屋とは、質草と呼ばれる担保になるものを持ち込み、その質草の価値に合わせてお金を借りることができる場所です。

 

仕組みとしては、まず質屋に質草を持ち込み、それを査定してもらってその査定金額を借ります。

それを利息などをつけて返済すれば質草は返却されますが、もし返済できなければ質流れとなり、品物は流れてしまいます。

つまり借金とはいっても、質草となるものを失うだけで追加で利息を払う必要はありません。

 

昔は形見となるものを貧乏のために泣く泣く持ち込んで、質流れにならないよう懇願する光景が多かったです。

一見すると、買い取りと同じような印象を与えますが、まるで違います。

 

買い取りの場合は、所有権が質屋に移ってしまい、あとでやっぱり手放したくないと思っても時すでに遅しです。

質入れしていれば、お金を返すことで質草は手元に返ってきます。

 

近年はすぐに処分をしたい人が多く、質入れをするケースは減っているのが実情です。

それでも売ってはいけないものでもいいからお金を工面したい場合などに重宝します。

 

質入れの際に利息を一緒にして返済しなければ返してもらえないことは当然として、利息だけを返済し続けて質流れを回避する方法があります。

だいたい質流れになる期限というのは決まっており、その期限を過ぎれば所有権は質屋側に移ります。

これだけは何とか避けたいという場合に利息分を支払うことで期限を先延ばしにすることができます。

 

また質屋の利息は月利(保管費、防犯協力費等含む)です。カードローンとは違うので上手に利用しましょう。

 

以前は街の中にひっそりと存在するケースが多かったですが、最近は堂々と街中で営業をするケースがあるなど、その見た目は大きく変わりつつあります。

また目利きの部分に関しても、個人で行っているところは目利きに大きな差が生じるケースもあります。大手が展開しているところでも差が生じるので金額を比べてから取引される事をお勧めします。

 

絶対にやってはいけないのは偽物の商品を持ち込むことです。

この場合、こういうお客さんが来たと同業者に広まるため、当然ながら見破られるだけでなく捕まってしまいます。

 

これらのことを知った上で行ってみると、質流れになった商品に掘り出し物があるなどそれなりに楽しむことができます。

あとはうまく有効活用して、お金の工面を楽にしたいところです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
http://zeniyahonten.co.jp/
【ぜに屋本店】
住所:長崎県長崎市大黒町3番15号 藤丸ビル
TEL:095-822-1111
【ぜに屋浜町店】
住所:長崎市浜町8-13 仲見世8番街2F
TEL:095-824-7777
【ぜに屋佐世保店】
住所:長崎県佐世保市常盤町8-8 富士ビル1F
TEL:0956-24-3330
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇