お知らせ - 【コラム】お酒の買取について

【コラム】お酒の買取について

飲まないお酒ってどうしてますか?

家の中を整理していると、いつか飲もうと思って買っていたお酒、頂いたままのお酒、コレクションしていたお酒を見つける事がありませんか?飲まないお酒はそのまま置いておくより、買取に出すのも一つの手段です。

価値があるお酒の場合、高い価格で売れることもあります。これから、お酒を売る時のコツやどのようなお酒が売れるのか、なぜ高く売れるのか、査定や比較の方法についてご説明しますので、参考にしてみてください。

どのようなお酒が売れるの?

買取されやすいお酒の種類は、ワインやブランデー・ウイスキーなどの洋酒類・日本酒・焼酎など、アルコール度数が高いものです。ウォッカやジン・テキーラなども買取対象になっています。これらのお酒は、基本的に賞味期限が設定されていません。つまり、ボトルやラベルに賞味期限が載っていないお酒は、基本的に買取可能なのです。

一方、買取するお店にもよりますが、ビールや缶酎ハイなどの賞味期限があるものは売りにくいです。賞味期限が切れていないものであれば買取するお店もあります。賞味期限が載っているお酒やアルコール度数が低いものは、売れない場合が多いので注意が必要です。未開封のお酒は、買取する店舗で売ることが可能です。

実際に飲んで楽しむ人が殆どですが、古いお酒やレアものを資産として集めているコレクターもいます。古くても価値があるの?汚れているけど大丈夫?と思われるお酒は一度買取店に査定や相談をしてみるといいでしょう。また、アルコール度数が高いほど、お酒は腐りにくくなっています。主に買取対象となっているお酒は、度数が比較的高いものが多いため、ラベルやボトルに賞味期限が載っていないお酒で状態が良ければ、買取に出すことができると言ってもいいでしょう。

プレミアがつくようなお酒であっても、買取対象外になる条件があります。例えば、開封しているお酒や飲みかけのお酒です。ただし、開封していてもボトルに価値があるものは、ボトルの買取として取り扱う場合があります。また、キャップやコルクが劣化している場合は減額または買取不可になることがあります。

しかし、訳あり商品として販売するお店もあるため、まずは買取店に相談してみるといいでしょう。個人名が載っているお酒も、買取対象外になりやすいです。さらに、現在も市場に多く出回っていて販売価格が低いお酒は買取不可または数百円程度の価値になってしまいます。

お酒を売る時のコツとは?

お酒を高い買取金額に出すためのコツとして「保管状態を良くする」「キャップやコルクの不良・液漏れを確認する」「ボトル、ビンの欠けや割れに注意する」等があります。また、高額で買取してもらうためには、「早めに売る」「付属品を揃える」「簡単に掃除をする」などの事も重要でしょう。

保管状態を良くする

お酒を売る時には、保管状態の良さが重要です。基本的には直射日光に当たらない冷暗所で保管すると、品質の低下やラベルの日焼けを防げます。ただし、お酒の種類ごとに推奨される保管方法があるので、正しい知識を身に付けているといいでしょう。温度や湿度が高い場所での保管も、お酒の状態を悪くさせます。また、強い臭気がある場所に置いておくと、お酒やボトル・ラベルに臭いがつくので、避けましょう。

キャップやコルクの不良・液漏れを確認する

お酒は開封していなくても、中身が少なくなることがあります。わずかに空気と触れているため、蒸発していくのです。基本的には、極端に減っていないお酒は買取可能です。しかし、コルクやキャップの不良によって、品質の低下や液漏れが起こる場合もあります。コルクやキャップの不良は、中身が酸化している可能性があるため買取対象外の可能性が高いです。また、状態にもよりますが、液漏れがあるものは売れる確率は低くなるでしょう。液漏れによってボトルやラベルが汚れている場合は、さらに売るのが難しくなってしまいます。特に色が目立つワインは、液漏れさせない保管が重要です。

早めに売る

「いつか売ろう」と考えているうちに、お酒の液漏れやコルクの不良などが起きる場合があります。なるべく高く売りたい時には、不要と思った時点で売るのも一つの手段です。買取額が低くなるリスクを防ぐためには、なるべく早めに買取に出すといいでしょう。また、古いお酒はプレミアとして高く売れますが、一般的に新しいお酒の方が売れます。例えば、日本酒は時間が経つと、味や香りがきつくなる場合があり、早めに売った方がいいのです。

付属品を揃える

箱や冊子・カードなどの付属品がある時には、揃えておくことで査定額が高くなります。シリアルコードが載っている冊子やカードがあると、プレミア感が増します。箱が潰れていた場合は、元通りに直してから買取店に持っていくのがポイントです。お酒が箱に入っているだけで、査定額が高くなる場合もあります。また、購入した時に付いていた替え栓やおまけの品があると、価値が上がりやすいです。

簡単に掃除をする

査定に出す前には、簡単に掃除をします。まずは、ホコリや汚れを落としましょう。ボトルについているホコリや汚れは、乾いた布やティッシュで拭きます。汚れがこびりついている時には、水で濡らして固く絞ったタオルで拭いても構いません。ただし、水分を吸収しやすい紙のラベルやコルク部分の水拭きは控えましょう。また、元箱も開けていない時には、箱から出す必要はありません。テープ部分などを破いてしまうと、価値が下がる可能性もあります。元箱を開封していない時には、元箱のホコリや汚れを落としてから、箱を開けずに店に持っていくのが望ましいです。

どのようなお酒が高くなる?

買取業者で売れやすいお酒は、ウイスキー、ワイン、ブランデーなど洋酒類や焼酎や日本酒です。もちろん古い年代の熟成が進んだワインやウイスキーも売れます。ウイスキーで言えばスコッチウイスキーやバーボンウイスキー、最近ではジャパニーズウイスキーも人気です。海外のオークションで高額で落札されたなんてニュースはよく聞きます。

なぜ高額になるかというと、数が少なく趣味としてコレクターが集めることによってプレミアがついてきたり、お酒を資産として考える人が増えてきたからです。近年、海外でも人気が出てきた日本の焼酎や日本酒は注目されています。例えば、長崎県では麦焼酎が有名ですよね。日本で作られた焼酎や日本酒は、有名な人気銘柄だと高くなりやすいです。

売る前に比較査定がおススメ!

お酒の買取は、買取するお店によって査定金額が異なります。よって、買取に出す時に損をしないためにも、複数の店舗で査定をして、金額を比較してみるといいでしょう。査定方法には、直接店舗へ行く方法や電話査定・LINE査定などがあります。店舗に持込む場合は、お酒を直接確認してもらえることがメリットです。ただし、割れやすいボトルのお酒を複数回持っていくのは、手間がかかってしまいます。

スマートフォンで簡単に査定できる方法が「LINE査定」です。売りたいお酒の写真と情報を送るだけで、お店の鑑定スタッフが査定をしてくれます。

「売るかは分からないが査定したい」「来店する前に買取金額を知りたい」という場合には、気軽に査定してみるといいでしょう。まずは、LINEのアプリから査定を受けたい買取店と友だちになります。次に、査定をしてもらいたいお酒の写真と情報を送るのです。商品名や状態などを詳しく入力すると、より実際の査定額に近くなるでしょう。

LINE査定はスピード査定になっていて、査定した後にすぐ返信がきます。24時間・365日、査定を依頼することも可能です。ただし、店舗によって返信に対応できる時間は異なります。

飲まないお酒は査定をして売ってみよう!

アルコール度数の高いお酒や人気があるお酒は、基本的に買取に出すことができます。家で眠っているお酒があれば、まずは査定をしてみましょうLINE査定など、写真と情報を送るだけで、査定額が分かるサービスもあります。また、お酒は保管状態や付属品の有無によっても査定額が変わるため、それらも意識して買取に出すのがポイントです。

今、飲まないお酒がある人は、査定に出して売ってみましょう。